【無ネタバレ】実は『サイレント・トーキョー』は自衛官の映画。久々に喰らった。

まいど!諭吉です。

映画『サイレント・トーキョー』観てきたで。

 

 

 

きっかけはこのPVのラスト。

 

佐藤浩市さんの

 

「ぜひ、映画館で映画をご覧になってください。
よろしくお願いします。」

 

というご挨拶に、鬼気迫る何かを感じて「これは見なアカン」と思って行ってきた。

かなり良かった。

久々に、映画を観た後に放心状態になった。

 

 

このPVではストーリーがわかりにくいんやけど、
この映画はストーリーで観る映画ではない。

 

かといって、「CGスゴいねー」という映画でもない。

 

 

戦争の映画である。

PVで公開されている通り、
犯人は渋谷に爆弾を仕掛けているが、実はこれは国を想って動いている。

一方、この事件に対応している首相も国を想って動いているのがわかる。彼の決断も確かに一理ある。
(この事件以外については閉口)

 

つまり、正義と正義のぶつかり合いなのである。

 

 

これは五・一五事件や、二・二六事件を彷彿させる。

五・一五事件は首相が暗殺されてしまうが、
二・二六事件は皇道派が撤退した。

 

さて。

では、サイレント・トーキョーは…?

 

 

 

ちょっとカタイ話になってしもたけど、

こんな難しいこと考えなくても、
感情移入しやすくなる仕掛けが施されてるから、味わえる。

「また爆破予告?はいはい」

「ゆーてみんな居るから大丈夫やろ」

みたいなセリフも、まさにみんなの心の中の声を表現してると思う。

 

 

ほんま、あっという間に終わる、むちゃくちゃ良い映画でした。

エンドロールまで良くて、終わってから放心状態やったなぁ。

もう1回観たい!

 

 

ほな!