自衛官各種試験の偏差値(なぜ一般曹候補生は難しいのか?)

まいど、諭吉やで!

 

「お前のこと信用ならん!」という人は、先に当ブログ卒業生達の声をどうぞ。

 

こんなんみつけたで。

 

一般曹候補生etcの偏差値

資格難易度ランキング 1位~700位(http://shikaku-fan.net/rank.php)より

 

偏差値難易度資格
75超難関自衛官等採用試験 自衛隊幹部候補生(一般・技術) 海自
自衛官等採用試験 自衛隊幹部候補生(一般・技術) 空自
自衛官等採用試験 自衛隊幹部候補生(一般・技術) 陸自
74超難関医師
68難関自衛官等採用試験 海上・航空自衛隊航空学生 海自
自衛官等採用試験 海上・航空自衛隊航空学生 空自
自衛官等採用試験 自衛隊一般曹候補生 陸自
柔道 八段
67難関自衛官等採用試験 自衛隊一般曹候補生 海自
66難関自衛官等採用試験 自衛隊一般曹候補生 空自
63難関国家公務員(一般職試験)
東京消防庁消防官(I・II・III類)
東京消防庁消防官(専門系)
57普通自衛官等採用試験 陸上自衛隊高等工科学校生徒
54普通警視庁警察官 I類
50普通警察官

 

vs世界の、文字通り国の命をかけた組織やからな。

難しいのも納得。

 

 

一般曹候補生の問題だけを見ると、

「そんなに難しくないやん?」

って感じる人もいるかもしれへん。

 

ただ、ここまで難しくなるのには2つの理由がある。

1つ。

受験する層が、高校卒業、大学卒業、社会人と幅広いこと。

 

2つ。

一般曹候補生を、幹部候補生・防衛大学校の滑り止めとして受ける人はかなり学力が高いってこと。

 

この2つの理由から、
問題と比べて、合格するのが難しくなってる。

 

特に2つめの理由は大きいね。

曹候生と防大は難易度が結構ある。

というか出題範囲が全然違う。(サイト内にあるから見てみて)

 

一般幹部候補生となると、これはもう全っっ然違う。

曹候生は高校内容やけど、
一般幹部候補生は大学内容

 

だから、

「勉強してるけど、防大・幹部候補生は難しすぎ」

って考える人が、曹候生に流れてくるわけ。

 

 

でも、問題はそこまで難しくない。

だから、ハイレベルな戦いになるって仕組み。

 

 

しっかり勉強しな、ホンマに落ちるからね。

↓一次から二次で半分落ちるところもあるってさ。

 

 

↓実際に一度落ちてしまった方からもコメントいただいてます。

 

 

マジで頑張りや。