6/26の幹部候補生を受けるあなたへ

世界最速で"最新"の過去問の答えと解説を公開しました。

「自衛官募集ホームページ」で過去問が公開されてるのに答えがない!

とお困りのあなたは、ぜひご覧ください。
令和2年の第1回&第2回の答えをご覧いただけます。

答えはこちら

幹候生試験であなたの得点を最大化する具体的戦術

 

 

幹部候補生試験の
あなたの点数を
最大化してみせます

 

 

 

始まりは1通のメールでした…。

 

 

 

まいど!諭吉です。

 

自衛官募集ホームページで公開されている
幹部候補生の過去問(一般教養その1&その2)を解きました。

 

いや〜、確かに難しいですね

特に令和2年の第2回

 

この回の一般教養(特に数的処理、判断推理)は、

地頭を問いながら「泥臭さ」もチェックする難問揃いです。

自衛隊キッズサイトより

 

 

「泥臭さ?! 任せろ!」というあなただけ、先を読んでください。

 

自衛隊キッズサイトより

 

自衛隊キッズサイトより

 

自衛隊キッズサイトより

 

 

まだ読んでますか?

そんなあなたのために、冒頭でお話しした通り、
得点を最大化する戦術をお話しします。

信じられないかもしれませんが、努力は不要です。

この文章を読み終わることには、点数が上がっています。
マジですよ。

ぜひこの戦術を駆使して合格に近づいてください。

 

 

「得点を最大化する」というのは、

2つの意味があります。
1つめは、多くの人がイメージする通り

 

「実力を伸ばすために、頭脳をトレーニングして磨く」

 

です。
一般的な「試験勉強」ってやつで、もちろん大事です。

こちらは基本的に努力が必要です。

でもまぁこれは諭吉に任せてください。笑

 

 

試験においては、もう1つ点数を最大化する方法があります。
それは

 

「実力はそのままで、実力をフルに出し切れる工夫をする」

 

です。

よくいう「緊張して普段の力が出せなかった」みたいなことですね。

試験には、緊張以外にも、あなたの点数を下げる要素があるんです。
それを取り除くことで、得点を最大化することができます。

これは努力ではなく工夫です。

 

でも、ここまで考えられている人はかなり少ないですね。
もったいないです。

おもしろいのは、
そのもったいなさに、みんな気づいてないんですよね。笑

試験で取れた点数が自分の実力だと思ってます。大抵の人は。

これは確実に違います。

諭吉が大学受験で実証済みです。

諭吉は大学受験の際、共通テストを受けました。当時はセンター試験ですけどね。

センター試験と二次試験は性質が違うんです。
求められる能力が違います。

センター試験は、スピードが勝負です。
(受けた方はわかると思いますが、数学2Bなんか全然時間ないでしょ。笑)

いかに時間内にポンポン解いていくかが勝負です。

 

二次試験は、少量の難しい問題をたっぷり時間をかけて解きます。
いかに、見たことない問題をじっくり解きほぐすかが勝負です。

 

諭吉は後者が得意で、前者が苦手でした。

 

どちらも入試の得点なので、捨てるなんてことはできません。
スピード重視のセンター試験に、どう立ち向かうかがポイントなわけです。

 

ある日、とある理論を思いつきました。

 

「あれ、こうした方が点数上がるんちゃう?」

 

と思いついたんです。

文字通り「逆転の発想」なんですけどね。

 

 

そのあと受けた模試で、試してみたところ…

 

 

 

 

 

 

自衛隊キッズサイトより

 

BINGO!

 

 

決まりました。

点数は上がりました。(特にセンター英語に効きました)

 

 

別に勉強をブーストしたわけじゃないです。

むしろ、勉強なんて要りません。

一瞬で変えられます。

 

どうしたかわかりますか?

 

 

勉強せずに点数を上げるなんて無理だと思いますか?

できます。

 

 

特別にお教えしましょう。

どうしたかというと…

 

 

 

 

 

「解く順番を変えただけ」です。

 

 

 

 

前から順番に解いていたのを、
後ろから順に解いただけです。

 

 

 

 

これで点数が上がりました。

文字通り「逆転の発想」ですよね。笑

 

しかも、こんなもん努力なんて一切ありません。
(というか努力のしようあります?笑)

 

もっと具体的に言いましょう。

あなたが受けるのはセンター試験ではなく、幹候生ですもんね。

 

幹候生試験の場合は、

前から順番に解いて、漢文が終わったら、

1番後ろから「資料解釈→判断推理→数的処理」と解く

としてください。

特に、

  • 時間が足りない場合
  • 数学が苦手な場合

は確実にこうした方が上がります

 

自衛隊キッズサイトより

 

はい、おめでとうございます。

これであなたの点数は上がります。

理由というか理論はここでは語りませんが、
これで、もうあなたはフルに実力を発揮できるようになります。

いや、なりました。

 

ね?読むだけ「今」上がったでしょ?

 

試しに手持ちの過去問でも解いてみてください。
点数上がってるはずです。

 

 

これで、最大化戦略の片方はクリアしました。

実力はそのままで、取れる点数を最大化する方法はクリアです。

 

 

じゃあ、実力を伸ばすにはどうすれば?

 

 

 


 

 

 

 

 

 

ご覧の通り、
幹部候補生の判断推理・資料解釈には答えを出すための「型」があります。

(もちろん、他の公務員試験にも使えると思います)

 

判断推理は、「地頭」「センス」「才能」と思われがちです。

違いますよ。

 

イチロー選手の名言をご存知ですか?

 

僕は天才ではありません。

なぜなら、なぜヒットを打てるか説明できるからです。

 

判断推理が「地頭」なんて思われてるのは、
説明する側がテキトーだからです。笑

 

諭吉が全部説明しました。

みてください。

このpdfのページ数。97ページです。笑

 

これだけ言葉を尽くして1回分の解説をする参考書、
地球上どこ探してもないでしょ。笑

しかもいつでもどんな問題でも使える「型」に落とし込んで。

 

その「型」を徹底的に解説したものが、

です。

 

 

クオリティは?

ありがたいことに、
すでに他のテキストを購入された方から、こういうメッセージをいただています。
なので、クオリティとしても、ご満足いただけるかと思います。

 

リクエストがあるってことは、ご満足いただいているというか、
少なくとも「ボッタクリやな」と感じることはないということじゃないでしょうか?

ボッタクられたら二度と行かないでしょその店。笑

 

 

むしろこんなメールまでいただきました。

価格は3000万円です」とお返事しました。笑

 

 

これはまぁもちろん冗談ですけど、
公務員の家庭教師でもつけて、全問解説してもらったら、どうなりますかね?

 

解くのに約3時間ですから、
丁寧に解説してもらうと4時間ぐらいですか?

 

 

家庭教師のト●イさんは、公務員専用の家庭教師もやってますが、値段は非公開です。

普通の学生向け家庭教師だと、1時間4,400円 〜 とのことなので、
それよりももっと高いのでしょう。

まぁかなり安く4,500円と仮定して、
1回分解説してもらうと4,500 × 4時間 = 18,000円ですか。

 

 

アプラスさんではこんな記述がありました。

アプラスでの時給の相場は1時間あたり4000円から6500円の範囲内です。プロ家庭教師という業界での相場からみると、約半額から6割程度まで抑えることができています。

アプラスさんのように安くて1時間で4,000~6,500円、
一般的には1時間で8,000~13,000円なんですね。

アプラスさんに1回分を解説してもらうと、16,000〜26,000円
普通は、32,000〜52,000円ですね。

 

ということは、
この価格であれば、頂戴しても怒られはしないのではないでしょうか?

 

 

効能・効果

  • 平均して1問に約3ページの異常に詳しい解説
  • その解説は、「この問題はこう」ではなく「こういう問題はこう」と解説しているので、脱・丸暗記が可能(丸暗記は、知らないor忘れた場合終わり)
  • 万が一理解できないことがあれば、メールで質問可能(今のところ遅くとも12時間以内にお返事できてます)
  • なぜ、「前から順→漢文→資料解釈→判断推理→数的処理」と解くと得点が最大化するのか?の論理的証明
  • 資料解釈なんて楽勝で&最小の努力で解けます(え、まさか筆算してないよね!?笑)
  • 判断推理は98%、解けるようになります。残りの2%は、時間配分ミスか出題ミスが原因です。
    (なぜそこまで言い切れるかというと…)

  • 資料解釈も判断推理も、暗記すべきことなんて、3つだけ
  • そのほか、もう一度目次をご覧ください。

 

 

 

 

 

注意点が3つあります

 

注意1

目次をご覧いただければわかると思いますが、

公開されていない問題に関しては、解説していません。

自衛官募集ホームページで(著作権法を遵守して)公開されている過去問を解説したものになります。

国・英の読解問題は解説していませんのでご了承ください。

 

注意2

また、一般教養その1は、全員必修の英語のみ解説しています。

(そのほかはご希望があればご用意するつもりです)

 

注意3

専門の試験については解説はありません。

 

 

 

限定非売品って何?

上記テキストに加えて、

「その”型”を使ってもう1回分解いてみたい!&解説してほしい!」

という場合はこちらもご覧いただけます。

 

 


 

 

こちらの青い『R2-第1回』は、赤い方『R2-第2回』とセットでの「限定非売品」となります。

理由は、赤い方『R2-第2回』の「型」を知らずにこちらの青い『R2-第1回』だけ読んでいただいても、効果がないからです。

なので、青い『R2-第1回』だけでお売りすることは出来ないため、限定非売品としています。

もちろん、赤だけでもあなたのお役に立てると信じています。

 

どちらもpdfファイルをダウンロードしていただくので、今スグ勉強できます。

 

 

それでは、一緒に頑張りましょうね!

 

↓前にいるのがあなたで、後ろにいるのが諭吉。

応援してまっせ!

自衛隊キッズサイトより

 

ご購入はこちらから

【必修】一般幹部候補生 R2-第2回 過去問徹底解説
¥12,980
【セット】一般幹部候補生 R2-第1&2回 徹底解説
¥19,800