物理で微積分を使うとどうなる?

高校物理を勉強したことがある人なら、

「物理は微積を使うとカンタン」

みたいな話を聞いたことがあるかもしれへん。

 

ほんで、

微積分習いたてであんまりよくわかってへんけど、物理で使ってみようかな?

とか悩んでる人向けのお話。

 

 

大前提として…

高校物理は、微積を使おうが使わなかろうが正解は出ます。

勘違いしてたら困るんで、念押し。

 

 

じゃあ微積を使うと何がハッピーかというと…

 

 

頭を使わなくて済む。

 

 

計算をショートカットしたり、

思考のショートカットが不要になったりするだけ。

 

 

 

物理の面白さは

「この公式使ってこれを出して、次にこれ使えば出るんじゃね!?おっしゃキタコレ!」

みたいに、頭を使うことにこそある!って人は普通に物理やればエエ。

 

 

細かいことどうでもいいから、ちゃっちゃと解出してまいたいって人は微積を使えばエエ。

例えば…

「速度は、変位の(時間)微分」 で定義されてるし、

「加速度は、速度の(時間)微分」 で定義されてる。

細かいこと考えずに、変位を微分すれば速度が出るし。

加速度を積分すれば速度がでる。

 

 

何回も言うけど、

高校物理はなるべく微積を使わない形で公式を表現してあるから、

それらをそのまま使っても、もちろん大丈夫。

v = v0 + at

みたいなやつね。(これも式変形すれば、ちゃんと速度の微分が加速度って形になる)

 

 

楽したい人は微積使えばエエけど、

微積を使えるようになるのがラクじゃないのかも。笑

 

 

 

「微積物理は、頭を使わないためにある。」

 

というお話でした。