「盆・夏休み中に一気に勉強しないと!」

一般曹候補生
航空学生
防衛大学校

の試験まであと2ヶ月を切りましたね。

「普段仕事やから、連休・盆休みの間にダッシュで勉強しないと!」
「夏休みの間に挽回するぞ!」

とお考えのあなたはぜひこちらをどうぞ。

タップして読む

航空学生の過去問8年分を解いて分析したで

 

 

まいど、諭吉です!

 

 

平成27年(2015年)実施の試験では
平均倍率25.4倍、そのうち女子に限れば、なんと255倍という鬼のような高倍率をたたき出してい
る、超・難関試験「航空学生」の試験についてです。

倍率255倍って、255人に1人しか合格しないですよ。ヤバい。

 

たとえば…

1クラス40人で、半分の20人が女子。
1学年4クラスあるとしたら、1学年に女子が80人。
それが3学年で女子240人。

つまりこのくらいの規模の学校の女子全員のうち1人しか受からへん。
これが女子校やったら、合格できるのはTOP2だけ

 

そんな難関を勝ち抜くために、諭吉が分析したで!

 

大前提

このページを読んでるってことは、航空学生の試験については知ってると思うので、サラッと復習。

航空学生の試験は1,2,3次試験がある。
そのうちの1次試験は、筆記試験×適性検査。

筆記試験でチェックされるのは4科目。

  • 理or社

全部、選択式。
ただし、英,数はさらに記述式もある

 

あらゆる入学試験でカギとなる数学について、
マーク・記述のそれぞれの感想と、オススメの対策法を書いていくで。

選択式についての分析

他の自衛隊の試験と同じ選択式。

主に数学について、時間とか分量とか

英語+数学+国語で、あわせて130分。

単純計算したら、数学にかけられる時間は43分。
問題数は[11]~[20]の20題。

「43分で20題も解き切れるんか?」という話やけど、
きちんと勉強(対策含めて)してれば、30分かからんくらい。

もしあんまり勉強してなくて、時間がかかりそうなら、

試験開始最初の40分はまず数学を解いて、40分経ったらバシっと断ち切って英・国に移る。
その後もし、英・国が終わって時間が余ってたら、数に戻ってくる

のがエエな。

 

あと、計算量が多いから、計算ミス・ケアレスミスには注意。

 

これはねぇ、恐らく意味があるで。

 

自衛隊の組織じゃないけど、

同じくパイロット養成の学校航空大学校の数学・物理も、

時間に対しての問題量がむちゃくちゃ多い。

 

 

さて。

 

これが何を意味するかわかりますか?

 

航空学生、航空大学校のどちらも、

短い時間でたくさんの計算を要求してる…

その意図が分かりますか?

 

 

これはつまり、

 

 

 

 

パイロットは
タイムプレッシャー耐性をみられてる

 

 

 

 

ってことじゃないですか?

だから、普段からタイムプレッシャー耐性を鍛えておくとエエかもしれませんね。

 

 

数学の頻出単元分析

出題範囲は、数1,A,2から。

『●チャート2+B』のBのエリアはやらなくてエエで。

ちなみに、H.24の図形問題を
某過去問がベクトル(数Bの知識)を使って解いてたけど、数Aのメネラウス×中学数学の知識で問題なく解ける。
頻出単元はこんな感じ(スクショタイム)

選択式数学の頻出単元

  • 数1:数と式
  • 数1:2次関数
  • 数1:三角比
  • 数A:場合の数と確率
  • 数2:複素数と方程式
  • 数2:軌跡と領域
  • 数2:三角関数
  • 数2:指数関数、対数関数
  • 数2:微積分

航空学生専願なら、頑張るべきは上記単元だけ。

 

※予想問題集を作ろうか迷ってるんで、
リクエストがある方は、なるはやでこちらから教えてください。

【合格者アドバイス】最短合格戦略メール講座【作文対策】

 

物理基礎の頻出単元分析

物理基礎は、平均するとこんな感じの出題数。

分野出題数
力学4問
熱力学1問
2問
電磁気2問
以上のどれか+1問

 

注意してほしいのは、2018年に原子分野からの問題が1問だけ出たこと。
なので原子分野を学習すべきかどうかは、かなり悩みどころ。

でもまずは、基本の力学〜電磁気でエエんちゃうかな。
原子分野から出題されたとしてもせいぜい1問。
それよりは、出題割合の高い力学・波・電磁気を優先して勉強するのがエエね。

 

ほぼ毎回出てるのは以下。(スクショタイム)

選択式物理基礎の頻出単元

  • 等加速度運動
  • 力のつり合い
  • 運動方程式
  • エネルギーと仕事
  • 波の公式
  • うなり
  • オームの法則
  • キルヒホッフの法則
  • 合成抵抗
  • 消費電力
  • 比熱
  • 熱力学第一法則

これらの公式はきちんと使えるようになること。
航空学生の物理基礎は、ちゃんと公式が使えたら解ける問題ばかりです。

 

 

英語の頻出単元分析

ナイショ。

 

 

 

次。

記述式についての分析

航空学生の試験は、自衛官の試験にしては珍しく、記述式がある。

英語は、選択式対策が基本

英語の記述式は、長文が2題出題される。
センター試験の長文の3/4くらいの分量。

長文1つにつき、小問が8〜10問出題される。

そして、面白いのは、

やっぱり文法中心に問われている

ということ。

内容理解に関する問題は、1〜3問。

 

残りの問題は、本文を丁寧に読まなくても文法知識だけで解ける問題。(さすがに設問に含まれる1文は読むけどw)

 

つまり何が言えるかというと…

航空学生英語は、文法対策(=選択式対策)が基本ってこと。

 

数学は、半分は絶対取らないとアカン

記述の数学は、大問4つ。これを50分で解くから、大問1つあたり12分かけられる。

これは、マークとは逆で、時間はたっぷりある。

さぁ。

 

…なんでやと思いますか?

 

 

なんでわざわざ同じ科目の試験を
マーク式と記述式に分けてやるんですか?

 

 

これには、どういうメッセージが込められてると思いますか?

 

 

 

 

…これはつまり

  • 計算・計算チェック
  • 解法の選択
  • 解答の組み立て
  • 解法のプロセス
  • 確認

にしっかりと時間をかけられるで、ということ。
否、

「かけてくれ」ということ

やな。

わざわざ記述式を採用してる理由はこれなわけや。

選択式はタイムプレッシャー耐性を、
記述式は丁寧な思考とそれを表現する力をみられてるってわけや。

(これを意識して取り組むだけでも、試験当日の時間の使い方・試験までの勉強の仕方が変わるはず。よかったね!)

 

 

 

こちらの頻出単元は以下。スクショどうぞ。

記述式数学の頻出単元

  • 場合の数・確率
  • 微積分

2017年とそれより前は

場合の数と確率から1問
微積分から1問
数1から1問
数2から1問

と言う配分やったけど、

2018年からは、

場合の数と確率から1問
微積分から1問
数2から2問

という配分になってる。

数2中心に勉強するのがええね。

 

いずれにしても、

場合の数・確率と微積分からは毎回出題されてるから、
これは落としたらアカン。

半分も出すところ教えてくれてるようなもん。

しかも過去問見たら明らか。

こんなん落としといて面接で「航空学生になる気MAXあります!」って言ったら笑われるレベル。

だって、やる気あったら、
明らか頻出の場合の数・確率と微積分を落とすわけないからね。笑

 

※場合の数・確率と微積分は、選択式でも1問ずつ、毎回出てます。

 

やべぇ!場合の数・確率出るんかよ!しかも記述で!ニガテ!

という場合はこちらをどうぞ。

航空学生への場合の数・確率
¥100

pdfファイルのテキストなんで、今すぐ勉強できます。

左上にある通り、33ページあります。

 

 

4つの大問を通して、確率がニガテな人に
「うわ、アカン方法で考えてた…だからニガテやったんか!」
徹底理解させてみせます。

 

航空学生への場合の数・確率
¥100

 

 

記述式数学の注意点

専用の戦術があるし、航空学生ならではの「クセ」もある。

ほんまみんな、計算メモみたいな答案書くからなぁ。笑

それ記述してるとは言わへんから気をつけてな。

 

記述式って、きちんとプロセスを書いてて、考え方が合って、答え間違ってても点数もらえるんやで?

数式の羅列なんか点数もらえへんから気をつけてや。

 

 

以上、記述の分析終わり。

 

上記まとめると、

 

物理→頻出単元の公式を覚えて、きちんと使えるようになることが大事。

数学→場合の数・確率、微積分、数2を頑張る。選択式はスピード重視、記述式は「記述」が大事。

英語→とにかく選択式の文法が大事。そこを抑えれば記述も上がる。

 

ってことやね。

諭吉の言ってることがウソやと思ったらこの記事片手に、過去問眺めてみたらいいんじゃないでしょうか。

まあウソつく人間はこんなコメントいただけませんけど。笑

短期間で難関航空学生の英語をモノにする方法
まいど!諭吉です。 航空学生英語(選択&記述)の最短攻
航空学生の予想問題
あと何回、 航空学生の試験受けれるんやろう...?