航空学生の過去問(数学)8年分を解いて分析したで

 

 

まいど、諭吉です!

 

 

平成27年(2015年)実施の試験では
平均倍率25.4倍、そのうち女子に限れば、なんと255倍という鬼のような高倍率をたたき出してい
る、超・難関試験「航空学生」の試験についてです。

倍率255倍って、255人に1人しか合格しないですよ。ヤバい。

 

たとえば…

1クラス40人で、半分の20人が女子。
1学年4クラスあるとしたら、1学年に女子が80人。
それが3学年で女子240人。

つまりこのくらいの規模の学校の女子全員のうち1人しか受からへん。
これが女子校やったら、合格できるのはTOP2だけ

 

そんな難関を勝ち抜くために、諭吉が分析したで!

 

大前提

このページを読んでるってことは、航空学生の試験については知ってると思うので、サラッと復習。

航空学生の試験は1,2,3次試験がある。
そのうちの1次試験は、筆記試験×適性検査。

筆記試験でチェックされるのは4科目。

  • 理or社

全部マーク式。
ただし、英,数はさらに記述式もある

 

あらゆる入学試験でカギとなる数学について、
マーク・記述のそれぞれの感想と、オススメの対策法を書いていくで。

マーク式

他の自衛隊の試験と同じマーク式。

時間とか分量とか

英語(マーク)+数学(マーク)+国語(マーク)で、あわせて130分。

単純計算したら、数学にかけられる時間は43分。
問題数は[11]~[20]の20題。

「43分で20題も解き切れるんか?」という話やけど、
きちんと勉強(対策含めて)してれば、30分かからんくらい。

 

もしあんまり勉強してなくて、時間がかかりそうなら、

試験開始最初の40分はまず数学を解いて、40分経ったらバシっと断ち切って英・国に移る。
その後もし、英・国が終わって時間が余ってたら、数に戻ってくる

のがエエな。

 

あと、計算量が多いから、計算ミス・ケアレスミスには注意。

 

これはねぇ、恐らく意味があるで。

 

自衛隊の組織じゃないけど、

同じくパイロット養成の学校航空大学校の数学・物理も、

時間に対しての問題量がむちゃくちゃ多い。

 

 

さて。

 

これが何を意味するかわかりますか?

 

航空学生、航空大学校のどちらも、

短い時間でたくさんの計算を要求してる…

その意図が分かりますか?

 

 

これはつまり、

 

 

 

 

パイロットは
タイムプレッシャー耐性をみられてる

 

 

 

 

ってことです。

だから、普段からタイムプレッシャー耐性を鍛えておくとエエかもしれませんね。

 

 

マーク式の出題範囲と頻出単元

出題範囲は、数1,A,2から。

『黄チャート2+B』のBのエリアはやらなくてエエで。

ちなみに、H.24の図形問題を某過去問がベクトル(数Bの知識)を使って解いてたけど、
数Aのメネラウス×中学数学の知識で問題なく解ける。

 

残念ながら、数1, A, 2の中での単元の偏りはない。
各単元から1問・広く、やや浅くっちゅう印象。

 

偏りはあんまりないんやけど、毎回出てるレギュラー単元はある。

はいスクショタイムやでー。

マーク数学のレギュラー単元

  • 円と直線
  • 指数・logの計算
  • 式の剰余
  • 定積分

しっかり計算できるようにしよう。

単元というか、計算法の話やけど、

平方完成はめちゃめちゃ使うで。
XXX feat.平方完成 な問題が出まくり。
なので、

平方完成がよくわからん、という人は早急に対策すること。

(まぁ、数2も範囲やから、「平方完成めんどいし微分」という裏技もあるけど。笑)

 

あ、あと加法定理も必須な。
確率じゃなくて、図形の方ね。

平方完成の次に必須。

 

 

 

難易度は…

難易度は基本~標準。

 

まず基本について。

なんかみんな勘違いするんやけど、基本ってのは、簡単ってことちゃうで。
基本っていうと「はいラクショー」とか思う人いてんねんけどさ、一番ヤバイからそれ。笑
足元すくわれるタイプ。

基本が身についてるか知りたかったら、一般曹の試験解いてみるのがエエな。

出題範囲は航空学生のものより狭いんやけど、難易度でいえばあのレベルが基本。

それが、航空学生のスタートライン。

 

 

次に標準。

標準ってのは、受験数学のド定番系・定石系やな。
教科書傍用問題集とか受験問題集とか模試とかで一度は絶対見たことあるやつな。

 

たまに「うーわ、ど真ん中ストレートやん!ラッキー」みたいなイージー問題が紛れてるから、それは落としたらアカンで。

マークの方の確率問題は、手を動かす・図解する etcしたら案外あっさり解けるものが多い。(公式に頼りすぎない。公式に依存しないのがコツやな。)

 

マークについての分析は以上や。

 

次。

記述式

自衛官の試験にしては珍しく、記述式がある。

記述の数学は、専用の戦術があるし、航空学生ならではの「クセ」もある。

ほんまみんな、計算メモみたいな答案書くからなぁ。笑

それ記述してるとは言わへんから気をつけてな。

※詳細は本筋とは離れるから、最後におすゝめテキストを紹介してます。

 

 

時間とか分量とか

数学(記述)単品で50分。

問題は大問が[1]~[4]で、それぞれに小問が(2)~(4)ある。
きちんと勉強してる「きち勉」なら20~25分で解ける量。

マーク式とは真逆で、時間はたっぷりある。

さぁ。

 

…なんでやと思いますか?

 

 

なんでわざわざ同じ科目の試験を
マーク式と記述式に分けてやるんですか?

 

 

これには、どういうメッセージが込められてると思いますか?

 

 

 

 

…これはつまり

  • 計算・計算チェック
  • 解法の選択
  • 解答の組み立て
  • 解法のプロセス
  • 確認

にしっかりと時間をかけられるで、ということ。
否、

「かけてくれ」ということ

やな。

わざわざ記述式を採用してる理由はこれなわけや。

マーク式はタイムプレッシャー耐性を、
記述式は丁寧な思考とそれを表現する力をみられてるってわけや。

(これを意識して取り組むだけでも、試験当日の時間の使い方・試験までの勉強の仕方が変わるはず。よかったね!)

 

 

記述式は計算量も少ない。

微積以外は、めんどくさそうに見える問題も、実はスマートに解けるようになってるんや。(ただし微積はメンドい。w)

時間はたっぷりあるから、「公式ド忘れ→導出」もできるけど、
何回も何回もやるほどの時間はないで。

 

記述式の出題範囲と頻出単元

これもマークと同じ数1,A,2から。

 

...。

 

明らかですね。

 

範囲自体は、マークも記述も同じ...。

 

やのに、わざわざマークと記述の2パターンから数学を解かせる...。

 

これは明確にメッセージが詰め込まれてるな。
どんなメッセージかというと、もちろん、上で述べた通り。

 

こちらの頻出単元は以下。スクショどうぞ。

記述式数学の頻出単元

・ 場合の数・確率
・ 微積分
記述で頻出の「場合の数・確率」の対策は、
クーポンコード
ETUISt19sp
がコピペできたら、こちらから↓
確率が苦手な人は、読むと生まれ変わると思います。
まず根っこがズレてるんですよね。
そこを治せば、やることは実はどんな問題でも同じです。
【お試し】『航空学生への場合の数・確率』記述式 頻出単元特講(1)
- - 【!】 - - こちらはダウンロード商品です。 stores.jpからメール送信され、 そのメールの中にダウンロードリンクがあります。 メールアドレスを間違うとダウンロード出来ませんのでご注意ください。 - - - - - - - - - - 航空学生数学の記述試験では、 _/_/_/_/_/_/_/_/

 

 

難易度

基本~標準。

半々なイメージ。2問基本で、2問標準。

基本の2問は、
びっくりするくらいヒネリの無い、すぐ解ける問題や。

バッティングセンターで120km/hのコース選んでんのに、
何故か10球目辺りで、急に90km/hのスローボールが来て思わず空振りするような感じの問題。

何があったん?みたいな。

これを落としたら合格は、まずない。

試験本番はしっかり見極めて、そこを落とさないこと。

受験は難しいのを解けたら受かるというより、
簡単なやつを落としたら落ちる、ってイメージやからね。

 

 

 

標準は、ド定番・定石系や。

レベル感でいうとこんな感じ。

  • 「ある点から引いた接線の方程式を出すヤツ」
  • 「三次関数が異なる三つの実数解をもつ条件を出すヤツ」
  • 「円と直線で、直線の方程式=k(切片になる)とおくヤツ」
  • 「2の10乗は何ケタ?」

とか。
ま、あるあるですよね。

 

以上、記述の分析終わり。

 

諭吉の言ってることがウソやと思ったらこの記事片手に、過去問眺めてみたらいいんじゃないでしょうか。

まあウソつく人間はこんなコメントいただけませんけど。笑

 

ほな、パイロット目指してがんばってください!
年齢制限もあるし、最短で実力つけていきましょう!

 

 

P.S.

〜数学の関連記事〜

2019マークの解説はコチラです。

【航空学生】2019選択式の画像解説(前半)
まいど!諭吉です。 「航空学生 2019年選択式の解説

 

 

2019記述の解説はコチラです。

「航空学生2019記述の解説がわかりにくい!」
『航空学生への数学』ご購入者様より、 (手持ちの)過去問の

 

 

P.S.その2

英語の分析記事はコチラです。

短期間で難関航空学生の英語をモノにする方法
まいど!諭吉です。 航空学生英語の最短攻略法をお知らせ