航空学生R3過去問解説発売まであと1日!

パスワード
yukichinosenryaku
をコピーできたら...

こちらをタップ!

高等工科学校の倍率とおすゝめの対策

まいど、諭吉です!

 

このサイトから数多くの自衛官を輩出してます。

【大量スクショで重い】皆様からのお声(常時先頭記事)
随時、更新していきます。 お気に入りに保存しておいて、

 

 

毎年1月に行われる高等工科学校の試験の倍率をまとめたで。

倍率一覧

倍率は「何人に1人が採用されるか」の指標。

例えば「倍率3.0倍」なら、3.0人に1人しか採用されないってこと。

試験実施年推薦一般
20202.66.45.4
20192.56.95.9
20182.27.56.4
20172.29.07.7
20162.310.28.6
20153.010.59.1
20143.813.411.6
20134.917.014.6

各年の防衛白書を基に作成

受験者数が減少しても、厳しい競争

一般受験の応募者数でいうと

2013年は4,465人
2014年は3,565人
2015年は2,972人
2016年で2,571人
2017年で2,318人
2018年で2,076人
2019年で1,843人
2020年で1,844人

減少傾向やね。

少子化の影響かな?ちょっと原因はわからへんけど…、
ただ、減ってるとは言え、1,800人以上受けてることに注意。

これはヤバいですよ。

例えばですねぇ…。

例えばコンビニ。

平均すると、1日に846人が来店するらしい。

つまり、

2日間(48時間)でコンビニに来るお客さんの数約1700人よりも、
高等工科学校の受験生の方が多いってこと。

 

2020年の一般受験は、倍率が6.4倍(≒6倍)で、
6人に1人しか合格できない。

コンビニで言うと、48時間のうち最初のたった8時間のお客様しか合格できない。

残りの40時間の人は全員不合格。

 

40人クラスなら、トップ6,7人しか合格しないってこと。

 

もし仮に、倍率が4倍まで下がったとしても、
40人クラスのトップ10に入るくらいの学力ではないと合格はないってことやな。

おすゝめの対策法

1番の対策は…

まぁやっぱりこのサイトをチェックすることやな!笑

いろいろ情報収集してくださいな。

↓タップして対策記事一覧をチェック