一般曹候補生まであと...6日!

残り期間、最短で結果を出す方法をレクチャーします。

【特別講義】曹候生予想問題はコチラ

航空学生志望の方からのご相談

メルマガ登録をさせて頂きました、航空学生志望の●●です。

僕は今数学2を独学で進めています。そこで、時間のことも考慮し、諭吉さんが記事で取り上げられていた所をピックアップしその範囲をピンポイントで取り組もうと思っています。それでも試験には対応できますか?
例えば「加法定理」であれば、三角関数の半角の公式や、三角関数の合成…などはあまり深く取り組まず、加法定理にのみピントを絞って取り組むべきでしょうか?
やはり理解をより確実なものにするために、加法定理といっても三角関数全てをクリアしないと厳しいものになりますか?

文がまとまらず分かりにくいかもしれませんが、どうかご回答よろしくお願いします。

●●様
こんにちは、福澤諭吉です。
メッセージ拝見しました。(トップガン、オシャレですよね。)
とり急ぎお返事しますと、
「まずはピンポイントで」ということになります。
残り時間についてや、ご登録いただいたメルマガでお話しする「基礎固め」という観点からもそうなります。
雑なお返事でごめんなさい!
今日の晩であれば時間があるので、
そのときまた詳しくお返事させてください。
(もしかすると、明後日になるかもしれませんが汗、必ずお返事します)

 

出るとこピンポイントで勉強したいあなたに。

航空学生の記述式試験の、頻出単元の特別講座(無料)を用意しました。

勉強の気合がバッチリ入ったら、下の画像リンクをタップして、合格への一歩を踏み出してください。