曹候生過去問の難易度と、おすゝめの解く順番

まいど!諭吉です。

 

公式HP↓で一般曹候補生の過去問が公開されてます。

過去の採用試験問題|自衛官募集ホームページ
陸上、海上、航空自衛官になるための各種募集種目の紹介と受験案内を掲載しています。応募は各都道府県にある自衛隊の総合窓口、地方協力本部にて受け付けています。

 

それを全部(マジで全部ね)解いた上で、難易度の印象と解く順番のおすゝめを紹介するで。

 

難易度について

 (難) R1 > R2 > R3 (易)

って感じ。

理由としては…

  • R1
    数Ⅱの知識が一部出てたりとか、みんなのニガテな文章題が2題出てたりとかで、ちょっとムズい。
  • R2
    範囲外の問題は出てないけど、シンプルにちょっと難しい。
  • R3
    標準的な曹候生の難易度ってイメージ。

って感じ。

なので、R1 > R2 > R3って難易度にしたで。

 

おすゝめの取り組む順番

(予想問題集→)R3→R2→R1

の順で取り組むのがおすゝめ。

一般の大学受験とかでもそうやねんけど、
過去問は易しいものから解くのが基本。

なので、R3から手をつけてや。

 

過去問よりも予想問題集が最初なのは、解説の違いね。

なんとなく解いて「合ってた!」「間違ってた!」なんて言ってても意味なくて、

「こう言う理由でこれが正解のはず!」

「おし、合ってた」

「え、なんで違うん?」

ってのを繰り返さないと勉強する意味はないからね。

 

それを予想問題集で身につけてから、過去問に取り組むのがエエ。

 

『予想問題』っていうくらいやから、直前にやりたくなる気持ちもわかるけどね。

この予想問題は、
ゼロから最短で合格してもらうために作ったから、
対策の最初に取り組んで欲しい。

ってことで、

(予想問題集→)R3→R2→R1

って順番がおすゝめやで。